×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



 片手を突き出して、咄嗟に彼女の名を呼んだ。
 そのときこの身を支配していたのは、何と呼ぶ感情だったか。
 怒りなのか。心配なのか。後悔なのか。焦りなのか。悲哀なのか。慄然なのか。
 ライダーを助けようとしたのか、助けたかったのか、俺に何が出来るのか、出来たのか。
 判らない。
 判ろうとすることもできない。いや、したくない。


「――――――――」

 だん、だん。ごろん、と。
 大きな弧を描いて飛び、舞い、落ち。俺の足元まで転がってきたのは、ライダーの頭部――いや、先ほどまでライダーだったものの、一部。

「――――――――」

 僅か数時間の付き合いの中で、幾度と無く脳裏に焼き付けられた、端正で流麗な顔。
 先ほどまでは溢れんばかりの焦燥に彩られていたその顔には、今は何の表情も無い。無表情で、無機質。

「――――――――」

 かつてさらさらと流れ、惚れ惚れするほど美しく輝いていた長髪は、丁度首のところの長さでばっさりと切断されて。血に濡れて。肉片にまみれて、綺麗な薄紫色は穢れてしまっていた。

「―――――――――」

 己の顔が引き攣っているのが理解る。
 筋肉が硬直しているのが理解る。
 だから、ライダーに声をかけたいのに、口が動いてくれない。
 咆哮とともに大剣がライダー目掛けて振るわれるのを、俺は何も出来ず見ている事しか出来なかった。
 殺されると、判っていながら、何も。
 だから、せめて短い間だったけどありがとう、とか、さようなら、とか。それよりももっと気の利いた台詞の
一つでも吐かないといけないのに、恐怖や後悔や絶望に染まった体も、顔も、口も、頭も。何も動かない。働かない。機能しない。させない。俺に、そんなことをする権利は無い。恐怖――か、どうかは判らないけれど、とにかく、その瞬間、ライダーを助けられなかった俺に、そんなことをして良いはずがない。


 ――――それに、もう。


「――――ア、」

 俺の頭蓋にめり込んでくる、頭蓋より大きな、鏃。


 ――――俺はもうすぐ、ライダーとは反対に。


「――――、 ――――」

 顔、の左半分が、抉られた。
 その、半分だけに、なった、視界、と、思考。
 最、後に、見たのは、消えてい、く、ライダー、の、あ

「――――――――っ」


 ――――頭部を潰されて、胴体だけになって


 た

 ま 

 むけ 

 ごめ 

 な 


 ――――死ぬの、だから


























 

Nobody can say that the selection is a mistake.

Nobody can scorn him.

It does not criticize.

However, the shooting star fell to the ground and he also died.

Only it is a fact.

So this is Fate. given to him. by your's



























衛宮士郎/ライダールート BAD END

<<