×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

いちごパンツはお好き?

 

「なあライダー、ちょっと聞きたいことがあるんだが、いいかな?」
「ええ、かまいません。私に答えられることでしたら」
「そうか、ありがとう。……じゃあ聞く、いいか? 真面目な質問だ。 

――――ライダー、ちゃんと毎日パンツ変えてるか?」

「なっ――――!? ししし死蝋、ああ貴方一体なななななにを――!?」
「ちょっ、落ち着けライダー。あと死蝋じゃなくて士郎な」
「え? あ――――はい。えぇと、しろう、しろウ、シロウ、シ郎、士郎、士郎」
「うん。それでOKだ」
「はい、ありがとうございます――と、待ちなさい。……士郎、貴方もしや私を莫迦にしているのですか?」
「む、それは心外だ。俺は断じてライダーのことを莫迦にしたりなんかしてないぞ」
「ならば何故、真面目な質問と言っておきながらパンツなどと――!」
「いや、実はここ最近の洗濯ものの中に俺と桜の分はあるけれどライダーの下着が無いんだ。だから」
「ななっ――――! ししし死蝋、ああ、あな、穴、貴方が私や桜の下着の洗濯をしていたのですか!?」
「ああ、そうだけど……ってまた死蝋になってるぞライダー」
「あ――すいません。えぇと、しろう、しろウ、シロウ、シ郎、士郎、士郎」
「うん。それでOKだ。……で、どうなんだ? 洗濯に出さないってことはやっぱり変えてないのか?」
「はい、ありがとうございます――と、待ちなさい。私が下着を洗濯に出さないのには正当な理由があり尚且つパンツ――し、下着は毎日ちゃんと新しいものに変えています」
「そうか、それなら問題ない。早とちりして悪かった」
「いえ、分かってもらたのらそれで結構です」
「ありがとう。……で、その正当な理由って何なんだ?」
「それ、は……」
「……もしかして人には言えないような深刻な理由なのか?」
「いえ、そのような深い理由ではありません。……しかし、その、士郎には少々言いづらいことではあります」
「そうか。よし、分かった。ならこの話はここまでだ。悪かった、ライダー。気、悪くしただろ」
「そのようなことは……。それに、悪いのは要らぬ誤解を招く行動をした私です」
「いや、それでも俺が勝手に誤解してライダーに嫌な思いをさせたのは事実だ。本当にすまなかった」
「……………………」
「誰にでも触れられたく無い部分はあるもんだろ?。今回は俺の配慮が足りなかったのが悪い。ライダーは悪くないよ」
「……………………」
「えーと、俺はそろそろ夕飯の準備してくる。ライダーはお茶でも飲んでくつろいでてくれ」
「……………………」
「ライダー、どうしたんだ? 黙ったままだけど……もしかして本当に気、悪くしたか?」
「………………士郎」
「ライダー? 急に立ち上がってどうした――――って! な、なななにやってんだライダー!?」
「…………士郎、ちゃんと見てください。その、これが理由、です」
「いきなりジーンズを下ろすなんて何考えて――!」
「士郎! ですからこれが理由です!」
「頼むから早く上げてくれ! ……って、え? 理由――?」
「はい、これが私が下着を洗濯に出さなかった理由です」
「……………………」
「……………………」
「……………………」
「……………………」
「……………………えーと、これは、その……いちご、パンツ?」
「――っ! 士郎! なにも口に出さなくとも!」
「え? あ――いや、すまん。……えーと……あの、ライダー? これが理由ってのは、その、どういう……?」
「……………………」
「……………………ライダー?」
「……士郎、聞いてください」
「う、うん」
「私は生前、アテナの呪いで醜い姿にされ、ゴルゴンの妖女として皆から恐れられていました」
「……ライダー、その話は今回のことに関係無いだろう」
「私は聞いてください、と言いました。士郎」
「…………わかった。ライダーがそう言うのだったら」
「世界の果ての洞窟で、外界とは一切の接触もなく暮らしていた私は、呪いをうける以前、エーゲ海の女神とさえ呼ばれていたのに、この時代で言う”お洒落”というものに無縁でした」
「……………………」
「でもそれは必然。桜や凛はともかく、私のような背の高い可愛げの無い女はお洒落などしても仕方が無い」
「……………………」
「私はゴルゴンの妖女。皆から畏怖される魔眼を持つ化け物――ポセイドンからも見放された私にそのようなものは必要ない。そう思っていました」
「……………………」
「ですが――その、先日桜と買い物に赴いた”デパート”なるものの下着売り場で見かけたこの下着がどうしても――」
「……………………」
「――どうしても気になって、生前では出来なかったことをしてみたい、自分も可愛い下着を着けてみたい。……私は意を決し、桜に見つかることの無いよう平日に一人でデパートに赴き、数着これと同じ物を購入しました」
「……………………」
「先ほども言ったとおり、私のような可愛げのない女にはこの時代の女性が着るような衣服は似合わない。ですから、誰にも気取られるこのないよう、その、下着は毎晩湯のみをするときに手洗いしてました」
「……………………」
「これが理由です。……まったく、私は弱くなってしまいましたね」
「……………………」
「…………士郎? どうしたのですか? 話の途中から俯いてしまって――――――きゃっ! しし士郎、な何を!?」
「……………………」
「士郎、いきなり何をするのですか! ……その、は、はやく離してください」
「うるさい」
「な――っ! し、士郎の方からいきなり私をだ、だき、抱きしめておいてうるさいとはどういう了見ですかっ!?」
「うるさい。黙れ。ライダーが悪いんだ」
「なな――っ! また私の方が悪いなどと――! 士郎、いくら貴方でもこれ以上の侮辱は――」
「うーるーさーい! ライダーが悪いったら悪い」
「――士郎、今すぐ両手を離しなさい……さもなくば、このまま――」
「……ライダー」
「……何ですか士郎。謝罪する気になりましたか? そうですね、私にも慈悲はあります。素直に謝るというのなら許してあげなくともありません。さあ、直ぐに謝罪の言葉を――」
「お前今、すごく可愛い」
「そう、そう言えば私もって、士郎――――!? い、いいい今、ななな何、と――?」
「だから、今のライダー可愛過ぎる。だからライダーが悪いんだ。可愛い過ぎるから」
「士郎、言っていることが支離滅裂です。矛盾してます。……ではなくて! 何を言っているのですか貴方は! ……その、私が可愛いなどと……また私を侮辱しているのですか」
「馬鹿、俺は本気で言ってる。今のライダーは滅茶苦茶可愛い。断言する。保障する」
「で、ですから、私のような女が可愛い筈など――! ……それに、士郎には桜が居るではありませんか……」
「ライダー、桜は関係無い。今、俺はお前を可愛いって言ってるんだ」
「……………………」
「……………………」
「士郎……」
「ライダー……」


「――――へえ……二人とも、随分仲が良いんすねえ、へえ、へえ、へえええええええ」


「「―――――――っ!!??」」
「私が買い物をしている間、二人は仲睦まじく抱き合っていたんですね。へえ、二人がそんな仲だなんて知らなかったなあ吃驚だなあ嫉妬だなあ嫉妬の焔がメラメラとおおおお」
「「………………………………」」
「ライダー、貴方ジーンズを下げているみたいだけど、もしかしてこれから……これから、これからあああ……!!!」
「――――! い、いえ! 違いますサクラ! ……その、これには深い理由が……!」
「あぁ……! それにしても随分可愛らしい下着ねえライダー。でもよく似合ってるわ」
「サクラ! 聞いてください! ですからこれには……!」
「良かったわねえ、先輩に抱きしめて可愛いって言って貰えて……私なんかいまだに名前で呼べないのに士郎士郎士郎連呼して良かったわねえ」
「サクラァ!!! ……はっ! そうです! 士郎、貴方からも……失神してるっ!?」
「――――泥棒猫、殺しておけばよかった」
「サクラ! 魔力が――! ……くっ、こうなったら――――騎英の手綱!!!」
「待ちなさい蛇女! 私の先輩をどこに連れて行く気ですっ!」
「待てません! ……それに私は蛇女でも無ければ士郎は貴方のモノでもありません!」
「……なに、を――――!?」
「……桜、短い間でしたが世話になりました。心配なさらずとも士郎は私と幸せになります。それでは、お元気で」
「…………な――――っ! …………なな――――っ! …………ななな――――っ!」
「……さらばですサクラ……――――!」
「……う、うぅ、うぅぅl。うがああああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!! 今に見てらっしゃぁぁぁぁい!!!!!」


「……あれ? 此処は……?」
「気が付きましたか、士郎」
「あぁライダー、ありがとう……って、どうしたんだその格好――!?」
「士郎が可愛いと言ってくれたいちごパンツです。さぁ士郎! あのときの続きを――――!」


「先輩! 待っていてくださいね! 私なんかいちごに紐つけだだけのやつ穿いちゃうんだから!」
「桜……アンタ、すっぽんぽんで何訳のわからないことしてるの」
「いいところに来ました姉さん! さあ! 私と一緒にいちごで先輩がライダーでパンツでドロボウ猫でフォーリンラヴが殺戮です!」
「いやぁぁぁぁぁぁぁ! 変態が! ここに変態が!!!」


「ラ、イダー……さん? それは……いったい何でしょうか?」
「くまさんパンツ、です。知りませんか」
「いや、知ってる。……けど、なんでまたそんな物を?」
「…………士郎が、喜んでくれると思いまして……」
「――――っ! ラ、ライダーっっっ、お前ってやつは!!!」


「先輩! 待ってて下さい! 私なんか本当の熊の毛皮でパンツ作っちゃうんだから―――ってなぜグリズリ――――!? ふふふ、姉さん! 今晩はクマ鍋ですよ――――!!??」


「ライダー……今度は、また、その、何と言うかえらく日本らしいと言うか……」
「………………はい」
「えーと、それは……よに言う”ふんどし”……ってやつだよ……な?」
「………………はい。その、些か胸と後ろの方が涼しくて落ち着きまえんが――――あっ、駄目です士郎――――!!!!」


「先輩! 待ってて下さい! 私なんか裁縫に使う絹糸で――――」
「桜! それ網脂よっっっ!!!」


「し、士郎……! まだ何も説明して…………――――!!!」


「あぁぁぁ……!!! 先輩のトランクスにいちごのアップリケをつけただけなのにこの背徳感……!!!」

END


 なんだろうこれ

戻る