×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

 

 

 ギリシャからの交換留学生のライダーさんは、ありきたりな表現かもしれないけれど、それこそ女神のように綺麗な娘だと思う。
 白磁の陶器みたいな滑らかな肌に、すらりとした長身――身長は俺と同じくらいで、抜群なんてちんけな評価が申し訳なくなる奇跡のようなプロポーション。
 普通なら鬱陶しいと感じるだろうとても長い薄紫の髪の毛も、不思議な形の瞳孔を持った瞳も、何も気にならない。
 歩くだけで、喋るだけで、居るだけで絵になる。見惚れる。
 彼女をモデルに彫刻を彫れば、それこそミロのヴィーナスと同等、それ以上の芸術品になるのではないか。
 それに加え向こうで習っていたらしい日本語はとても流暢だし、礼儀正しいし。日本に来てからまだ一週間、学校に来てからまだ二日しか経って居ないのが、告白された数はそれこそ数え切れないだろうと思う。

「……宜しくお願いします、シロウ」 

 そして、そんな娘と席が隣同士になってしまい、クラスの男子、他のクラスの男子、他の学年の男子、一部の女子の射殺すような視線と怨念に曝され続ける俺は、とんでもなく幸せ者なのか、それとも不幸者なのか。

「……あぁ、よろしく、ライダーさん」  

 ……個人的には前者であることを信じたい。それはもう全身全霊で。





 

 ライダーさんと教科書と正義の味方





「シロウ」

 三時間目の現国の授業の初め、隣の席に座っているライダーさんに声を――顔を寄せて、俺の耳元で囁くように――掛けられた。

「……っ!」

 思いがけない出来事にどきっとする。
 授業中なので小声になるのは仕方ないかと思うけれど、何も耳元で囁かなくてもいいんじゃないか……というか顔が近いって!

「なっ、なにかよぅっ、ライダーさん……!?」 

 がたっと椅子を引いて移動して距離を取って振り向き、慌てながらもなんとか声を裏返さずに返答しようとして失敗。思い切り声が裏返った上に軽く噛んだ。

「……すいませんが、その、教科書を見せていただけますか?」

 ライダーさんは距離を取った俺を見て一瞬悲しそうな表情をしたが、素っ頓狂な俺の声と様子が可笑しかったのか、口元に微笑を湛えると、すぐさまそう言って礼儀正しく頭を下げた。

「――――」

 それを見て、声を掛けられたときに飛び上がった心臓と茹で上がった頭が落ち着いた。ライダーさんの笑顔――といえるかどうかわからないが、とにかく穏やかな顔を見ると、何故か心から淀みというか、そういうものが綺麗さっぱり無くなってしまうのだ。
 ちなみに初めてその顔を見たのは昨日で、隣同士の席になったということで自己紹介をしたときだ。俺たちは名前を言い合い、宜しくの握手をした。そしてその後彼女の希望でファーストネームで呼び合いたいということになった。しかし今まで同世代の女の子を名前で呼び捨てる経験なんてまったくなかった俺が反対抗議しまくったので、それは叶うことは無かった……のだけれど、それも束の間、悲しそうな表情で顔を俯けて「……すいませんでした、貴方の気持ちも考えないで、軽率なことを言いました。本当にすいません、衛宮さん」と言われたら健全な男子……じゃなくて正義の味方な俺はもうどうしようもない。けれどやはり呼び捨ては気が引けるので何とかさん付けで妥協してもらったが、俺が了承の意を伝えたときに、彼女が「はい、ありがとうございます、シロウ」と微笑んだのが、俺が初めてこの顔を見た瞬間であった。そのときも今と同じく、俺の中にあった恥ずかしさとかそういうものを全部吹き飛ばす笑顔だった。

「あぁ、ソレくらいお安い御用だ。……はい」

 今度は声は上擦らない。頭を上げたライダーさんに教科書を手渡す。
 勿論ライダーさんに一人で使ってもらうためだ。
 そうすると必然的に俺が授業を受けられなくなってしまうのだが、俺は右隣――俺は窓から二番目、ライダーさんは一番窓際――に座る後藤君に机を引っ付けて見せて貰えば良い。後藤君は俺に呪詛を送って来ない貴重な男子の知り合いだし。
 しかし。

「なぁ、ごと――――」

 うくん、悪いけど教科書見せてくれないか。
 という俺の台詞は、こつんという音と共に、左側から俺の机に走った軽い衝撃と、ぎぎという椅子を引きずる音、それとふわりと広がった鼻腔を擽る良い匂いに遮られた。

「――――」

 思考が停止している。
 いや、落ち着いたはずなのに馬鹿みたいに混乱している。
 混乱して、脳裏に浮かんだある考えを理性が否定し、本能が全力で受け入れようとしている。

 ……有り得ない。
 ――いや、でもこれは如何考えても、なぁ?
 ……有り得ないってば。
 ――いやいや、だからこれは如何考えたってあれだ、二人で一つの教科書を見るためのあれだ。
 ……違う。俺は後藤君とそれをするんだ、彼女とじゃない。
 ――――じゃあ振り向いて確かめてみろよ。

「…………」

 ぎぎぎぎ、という古びた蝶番を開けるような音が聞こえてきそうな機械的な動きで、ゆっくりと後藤君の方を向いていた首を身体ごと回転させる。

 ――――そこには、案の定、

「……どうしました、シロウ?」

 自分の机をぴったりと俺の机に密着させ、おかしな動きをした俺を怪訝そうな表情で見つめるライダーさんが居た。
 教科書は机と机の境目に置かれ、端を押さえるようにしておかれた苺柄の筆箱がなんとも可愛らしい。

「…………はは」

 乾いたような熱いような潤んだような変な笑い声。

 ……そうだよな、そうだよな、そうだよな。
 普通そうだよな。
 普通に考えればこうなるよな。
 はははは……はぁ……、いや、嬉しいといえば嬉しいんだけどさ、やっぱり恥ずかしいと言うかね、良い匂いとか綺麗な横顔とか艶やかな首筋とか制服のボタンを弾き飛ばしそうなむ、胸とか、触れ合いそうになる肩とか……って、何時の間にか俺もライダーさんに椅子を近づけてその気満々じゃねぇか! 
 ……落ち着け衛宮士郎、よく考えろ、こんなことしてみろ、それこそ次の休み時間に袋叩きにされかねない。いや、簀巻きにされて○○湾に沈められかねない、全身の皮を剥いで貼り付けにされかねない。というか死は確定的だ。それにこのまま一時間ライダーさんと至近接近が続いたら俺の精神とか理性とかそういうものが持たないだろ。
 それが分ったらさっさと「俺、後藤君に見せてもらうから一人で使ってよ」って言え! 今すぐに! と後藤君と一成以外のクラスの男子全員から放たれる禍々しいオーラが俺に訴えかけてきている。

「…………っ!」

 ごくりと唾を飲み込み、ライダーさんにその台詞を言うために意を決する。どこかで「何だ、情けないぞ、士郎」という懐かしい声が聞こえた気がしたが無視だ、こんなところで死ぬわけにはいかない。俺は正義の味方に成らなければいかないのだから。

「……ライダーさん」
「何ですか、シロウ?」

 ライダーさんが小首を傾げる。無茶苦茶可愛い。

「……その、俺、後藤君に見せてもらうからさ」
「はぁ」

 話の意図が見えないのだろう、生返事。それさえも綺麗な声。

「ライダーさんは俺の教科書、その、一人で使ってよ」

 言って、手を掛けて机を離そうとする。その瞬間、聞き耳を立てて――というか、恐らくは全感覚神経をこちらに向けて研ぎ澄ましていた男子からの殺意が薄まった。
 ほっと小さく息を吐いて安堵。
 俺は正義の味方になるんだ、たくさんの人を救うんだ。ここで死ぬわけにはいかない。

「……よっと」

 椅子から腰を浮かし、まず机を離す。
 と。

「……シロウ」

 ライダーさんに制服の後ろの裾を引っ張られた。心なしか声が悲しそう。
 何事かと思い、振り返る。

 すると、そこには――――

「……シロウは私と一緒に教科書を見るのが嫌なのですか?」

 悲しそうに下がった眉尻。瞳にうっすらと涙を湛え、気持ち俯いて、小さな声で呟くライダーさんが居た。
 教科書を机の上に閉じて置き、筆箱を両手で握り締め、それに視線を固定しているようだった。俺の方を見ていない。
 僅かに震える声と肩が、長身の彼女を小さく見せて、何とも可愛らしくて、同時に、
 ――とても、切なかった。

「そんなわけないだろ!」

 叫んで、宙に浮かしたままだった机を移動させて、ライダーさんの机に思い切りくっ付ける。
 その瞬間男子からの殺意が膨れ上がった。女子や先生が怪訝そう表情と白い目で俺を見る。突き刺さるような視線に、冷ややかな視線。
 けれどそれが何だと言うのか。
 まったく関係ない。俺は正義の味方だ、目の前の悲しそうに、辛そうにしている人を、大切な女の子を護るんだ。
 
 がたんと音を立てて固定完了。椅子を脚で引っ張ってきて腰を下ろす。ライダーさんの机の上の教科書を手にとって、先ほどと同じように中間に広げて、今度は俺の無骨なカンの筆箱で端を押さえ込む。
 どこかで誰かが笑いながらサムズアップした。うん。俺は今、今正義の味方の第一歩を踏み出した。

「嫌なはずない、寧ろ嬉しい」

 それに満足して、勢いでとんでもないことまで叫んで、肩が密着するほど近づいた。

 ――ぷに。

 ……凄く柔らかい、それに良い匂い。
 心臓は馬鹿みたいに高鳴って顔も真っ赤。
 殺意は空間を歪ませ、白い目に加えひそひそ話で「衛宮くんて案外女たらしなのね」「人前で告白なんてやるぅ!」「っつーか授業中だぞ、衛宮」「ばーか、お前みたいなヤツがライダーさんと釣り合うわけないだろ」と散々な言われよう。

 けれど、やはりそんなことも関係ない、気にならない。
 だって。

「……ありがとう、ございます……」

 首筋まで真っ赤にして、首が直角になりそうなほど俯いてそう言ったライダーさんの言葉は、蚊の鳴き声のようにとてもとても小さかったけれど、確かに俺にはしっかりと聞こえた――俺にだけに聞こえるようにだと、思うのは流石に調子に乗りすぎか――から。そう言って、顔を上げたあと、ライダーさんがあの微笑を浮かべてくれたから。

「……どういたしまして」 

 だから、大丈夫。
 周りが何て言おうと、滅茶苦茶恥ずかしくても。
 俺はライダーさんが困っていたら助ける、護ってあげる。あげられる。
 誰かが言ったように、俺と彼女じゃ絶対に釣り合わないかもしれない、けれど、それでも俺は彼女の力になろうと思う。誓う。

 そうと決まればまずはこの授業からだ。
 ライダーさんは日本語の読み書きは苦手だと言っていたから、読めない文字があったら教えてあげなければいけない。
 しかし、しかし!

「ねぇ、ライダーさん、何か」

 読めない漢字とか、ない?
 という俺の台詞は、

「衛宮、廊下に立ってろ」

 こめかみに血管を浮き立たせた、現国教師、空手五段のドスの聞いた声に遮られた。

「……なんでさ」

 呆然と呟いてすぐ、「てめぇの胸に聞けっ!」という大合唱と共に俺は体育系の部活の男子の手によって廊下に放り出された。

「……痛い」 

 はっきり言って理不尽な暴力だと思うけれど、宙を舞う中。視界の端に捉えたライダーさんが、可笑しそうに、口元に手をあててくすくすと笑っていたので「これもまぁいいかな」と思ってしまう俺はもう立派な正義の味方だと思う。





 ちなみに、ライダーさんと入れ替わりにギリシャに留学したのは学園一の優等生であるあの遠坂であることを知ったのは、まだまだ先の話だったりする。




END